「いのち」「生きる」をテーマの出版社
 

『統合医療でがんに克つ』

2024.4 VOL.190

特集 新たなパートナー医療用CBDオイル

標準的な治療だけで治る病気であれば、それに越したことはありませんが、がんに限らずそれだけでは治らない病気に対して、広い視野で良いと思われる治療を取り入れていくことこそ、まさに統合医療だと思います。本特集をきっかけにCBDが統合医療の一翼を担い、その恩恵を多くの方が受けることを願っています(編集後記より抜粋)。

 

『統合医療でがんに克つ』

2021.2 VOL.152

特集 第2回オーソモレキュラー医学会

がんはあるとき突然生じるものではないことはよく知られるようになってきました。蟻が倒せるような小さなドミノが徐々に倒れていって巨大なドミノを倒してしまうように、体の内の様々な原因が生化学的変化を生じ、それが遺伝子を傷つけてがんが発症してくることもすでに明らかになっています。そうすると生化学的変化のもとになる栄養条件が大切なことは当たり前のことなのですが、がんの医療ではほとんど無視されてきました(編集後記より抜粋)。